文字サイズ

文字サイズ

IR情報

個人投資家の皆様へ

代表取締役社長 別宮 圭一

トップインタビュー

トップが語る
当期業績と今後の成長戦略

代表取締役社長 別宮 圭一

2018年3月期の業績について、お聞かせください。

ヘルスケアソリューション事業が大幅に伸長し、成長を牽引。
前期比大幅増収増益を達成し、売上高・利益ともに過去最高を更新。

 2018年3月期は、ヘルスケアソリューション事業が大幅に伸長し、前期比2桁成長による増収増益を達成し、売上高32.8億円、営業利益2.4億円と過去最高の収益となりました。
 特に主力のレコードブック事業については、フランチャイズを中心に「レコードブック」の店舗数が順調に増加し、おかげさまで、2018年3月末時点で100店舗となりました。また、Webソリューション事業についても、上場により認知度が向上したことで順調に伸長し、業績に大きく貢献いたしました。

売上高
売上高
営業利益
営業利益
当期純利益
当期純利益

事業内容と強みを教えてください。

運動指導に特化したデイサービスを行う「レコードブック」の店舗運営を中心に事業展開。

 当社は、運動特化型リハビリ型デイサービス(保険適用施設)を運営するレコードブック事業と、日本最大級のケアマネジャーネットワークで企業のマーケティング支援等を行うWebソリューション事業を中心に、新たなヘルスケアサービスを展開しています。
 最大の強みは、約230万の高齢者世帯にリーチできるケアマネジャーネットワークを業界に先駆けて構築している点です。ケアマネジャー(介護支援専門員)は、介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるようにケアプラン(介護サービス計画)を作成する有資格者で、介護サービス事業者との連絡・調整を行い、高齢者と事業者を結ぶ重要な役割を担っています。
 当社は、ケアマネジャーの約6割(8.9万人)が登録する日本最大級の業務支援ポータルサイト「ケアマネジメント・オンライン」を運営しており、「レコードブック」の集客への貢献やWebソリューション事業におけるシルバーマーケティング支援に活用できることは、大きなアドバンテージといえます。

高齢者世帯にリーチできる日本最大級のケアマネジャーネットワーク
ヘルスケアソリューション事業 / 在宅サービス事業

前期比44店舗増加した「レコードブック」の急拡大の秘訣は、どこにありますか。

利用者様の利便性とオーナー様のメリットを両立させる「集客力」「ブランディング戦略」「フランチャイズ支援力」の3つが要因です。

 この1年の店舗数拡大については、フランチャイズ店舗の拡大が大きく貢献しています。当社では、オーナー様の自己資金額に合わせ、3タイプの契約内容を用意し、オーナー様が事業運営に注力できる支援体制を構築しています。今後、全国展開を加速するためにも、この「フランチャイズ支援力」は重要な要素と考えています。
 また、有力企業とのタイアップを含む「ブランディング戦略」にも取り組んでおり、昨年6月には名古屋鉄道株式会社との合弁会社である株式会社名鉄ライフサポートを設立、10月からは事業を開始しており、今後、愛知県内で順次出店を予定しています。また、上場による知名度アップも「レコードブック」のブランディングに寄与しており、この1年、一段とフランチャイズのオーナーになることを希望される方々からのお問合せが増えている状況です。
 そして、何より、「ケアマネジメント・オンライン」を活用した高い「集客力」が挙げられます。「ケアマネジメント・オンライン」から「レコードブック」を出店している地域のケアマネジャーに、ダイレクトに新規開業や見学会の案内を配信し、店舗の集客支援を行っています。
 当社としては、オーナー様に手厚い経営サポートを行い、事業運営に注力していただくことで、利用者様にとって利便性の高い環境が作られ、結果として高い会員継続率を実現できると考えています。このように利用者様の利便性とオーナー様のメリットを両立させる仕組みが、急拡大のポイントと考えています。

運動指導に特化した3時間のリハビリ型デイサービスを提供
FC店舗を中心に日本全国に店舗網急拡大中
「レコードブック」についてくわしくはコチラ

大手企業に提供するシルバーマーケティング支援について教えてください。

強みのケアマネジャーネットワークを活用し、顧客企業のマーケティングリサーチ等を実施。

図

 強みである国内最大級の専門Webサイト「ケアマネジメント・オンライン」を活用し、顧客企業のマーケティングリサーチやプロモーション支援等を実施しています。
 例えば、大手食品メーカー様からは、介護食の開発・製造に関するご依頼をいただき、「ケアマネジメント・オンライン」に広告を掲載したり、登録するケアマネジャー経由でサンプルを配布する等、各種マーケティングを実施しております。

今後の成長戦略について教えてください。

ヘルスケアプラットフォームの強化でターゲット層を拡大、企業価値向上を目指します。

 当社は、「レコードブック」等の健康寿命の延伸に関わる施設(リアル)と日本最大級のデータベースを活用したインターネットサービス(Web)のシニア向けヘルスケアプラットフォームを構築しており、今後は、このプラットフォームを拡大するフェーズと考えています。
 「レコードブック」の店舗網拡大とWebソリューションの強化により既存事業の成長をより一層加速させる一方、ヘルスケアプラットフォームに集まるデータを集約しビッグデータを生成し、新サービス・新事業を生み出してまいります。特に今後は「ターゲット層の拡大」に向け、要介護のシニア層にとどまらない、いわゆる「アクティブシニア」層へのサービスを拡充し、超高齢社会のボリュームゾーンを取り込み、事業領域を拡大してまいります。
 医療や介護に頼らず、いつまでも健康に年齢を重ねることができる社会へ。私たちは、日本の健康寿命を延伸する社会の実現に向け、事業を展開し、企業価値向上を目指してまいります。

図

次期(2019年3月期)の業績見通しについて教えてください。

過去最高の収益を更新する見込みです。

2019年3月期 業績見通し
売上高

37.5億円

14.0%

営業利益

2.8億円

18.6%

当期純利益

1.9億円

2.5%

 次期は、レコードブックの出店加速とWebソリューション事業の顧客増加により、当期に続く2桁成長を見込んでおり、過去最高の収益達成を目指してまいります。

新しい取り組みについて教えてください。

新たな業態としての「スマートタイムズ」展開に加え、Webサービスの拡充に取り組んでいます。

 実店舗では、保険適用外の新しい業態としてフィットネス&コミュニティスペースの「スマートタイムズ」を展開しています。今後の事業化に向け、まずはテスト店舗での実績を積み上げてまいります。
 また、「レコードブック」店舗での物販等の新しい試みを進める一方、引き続きWebソリューション事業の強化も推進してまいります。
 今後も日本の健康寿命の延伸に向け、新たなソリューションの開発に注力してまいりますので、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

図
「スマートタイムズ」についてくわしくはコチラ